家作りの第一歩はココから!

デザイナーズ住宅を建てるにあたって

デザイナーズ住宅とは、住宅建築の依頼主が持っている住宅におけるこだわりについて、建築家や設計士が一緒になり、どのようにデザイン性や機能性の部分で具現化していけるかを相談しながら建てていく、通常の注文住宅では実現が難しい個性溢れる住宅のことを指します。

 

戦後日本の住宅建築は、高度経済成長期の核家族化の影響などから、合理的な量産型の建築が主流でしたが、近年、人々の価値観やライフスタイルが多様化してきたことで、自分らしさを求める注文住宅の建築にその主流が移りつつあります。そして、その一環として登場してきたのが、デザイナーズ住宅といえます。

 

建物の外観や内装のデザイン、部屋の間取りなどを自由に変更することが難しい従来の大量生産型の住宅では満足できないという人が増え、住宅についても自分らしい個性を求め、さらにライフスタイルに住宅を合わせていく考えが浸透してきたということです。

 

デザイナーズ住宅の建築では、依頼主と建築家は、工事の着工までは何度も打合わせを繰り返します。細部にいたるまでのこだわりを具現化するためには、間取りの決定や建材の選定ほか、いろんな角度からの検討や相談といったものが必要となるからです。

 

そして、デザイナーズ住宅の建築では、工事が始まっても、依頼主はつねに現場へ顔を出して、工事が自分のイメージ通り進められているかを確認します。設計のあとの施工部分で、イメージと違ったものになる可能性もあるからです。

 

ところで、デザイナーズ住宅は、建築家がデザイン性を優先するあまり機能性において通常の住宅に劣るということもいわれています。そのため、依頼主は工事においては、機能性の部分などにはとくに注意して見ていかなければなりません。必要があれば調整していくことにもなります。こうして、工事が完了して引渡しが行われると、依頼主は、より自分の家として愛着を持つことになります。

 

デザイナーズ住宅は、アフターサービスという部分で難しい部分も抱えています。特殊な建材などを使用した場合や難しい技術で施工された部分があったりすると、すぐに修復するといったことが難しいためです。あらかじめ、そのことなども考えて建築計画を進めていかなければなりません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市